砺波地域消防組合消防長
消防監 中谷 博之

砺波地域消防組合のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 当消防組合は、平成18年の消防組織法一部改正後では、全国で5番目、富山県では初の常備消防の広域化として、平成23年2月1日に富山県知事より設置許可を受け、砺波市、小矢部市及び南砺市の消防業務を行う一部事務組合として、平成23年4月に1本部、3消防署、6出張所、1分遣所の消防体制で、業務を始めております。

 また、大規模災害においては、近隣の市町村と連携し、迅速かつ広域的な消防体制が必要であることやスケールメリットを活かした費用の縮減を図るため、平成26年1月から隣接する高岡市・氷見市と消防指令業務の共同運用を行っており、さらに消防救急無線のデジタル化も平成27年度に完了いたしました。
 また、当消防組合の発足時からの課題でありました老朽化し、耐震化されていない署所の建替えと消防の広域化に対応した署所再編は、平成27年度に完了し、平成28年4月から1本部、3消防署、1分署、3出張所、1分遣所の新たな消防体制で、業務を行っております。


 さて、近年は東日本大震災をはじめとする自然災害が大規模化、複雑化する中で、住民の生命・身体・財産を守る消防は、大規模火災、大規模地震、豪雨災害等の多種多様な災害や事故などにも適切に対応するため、市町村の区域を超えた消防体制の広域的な連携体制の整備が求められております。今後も消防広域化のメリットを最大限に活かし、消防力の充実強化を図るとともに、効率的かつ効果的な消防体制の構築に取り組んでまいります。

 さらに職員が一丸となり、日々、火災・救急救助活動のレベルアップを図る訓練を重ね、あらゆる災害に的確果敢に立ち向かう力強い消防と、消防団や地域の皆様と共に全力で防火・防災に取り組む地域密着型の消防により、安全で安心な地域づくりに努めてまいります。

今後もホームページを通じて消防のさまざまな情報を発信し、皆様からのご意見も参考にしながら、充実した内容になるように随時更新してまいりますので、よろしくお願いいたします。